Heart

言葉の量の損益分岐点と非言語コミュニケーション

no image

言葉の量の損益分岐点と非言語コミュニケーション

今日は、ちょっと喋り過ぎたな・・・。

そう感じて嫌な気分になりました。

そこで気が付いたことです。

何かを伝えたい時、喋りすぎるとどんどん伝わらなくなる。でも、何も伝えないと(解説しないと)それはそれで伝わらない。

いったい、どこが丁度良いところなんだろ。

音楽や絵などは、言葉での解説は少なければ少ないほど良いと思う。でも、仕事の依頼は適切な言葉の量が必要。笑い話をする時も、解説しすぎると面白く無くなる。

喋れば喋るほど遠くなる時は、言葉が多すぎて何がポイントか分からなくなる。飽きてきて聴いていない。でも、少なすぎると重要さが伝わらない。

言葉は大切。言葉の選択言葉感情

今まで苦手だからと考えないようにしていたこと。でもこれによって、「上手く伝わるか伝わらないか」「共感してもらえるか」で、物事の結果はとても大きく変わることが身に染みている。

言葉は氷山の一角。その下(奥)にある見えないところをどう言葉に乗せるのか、言葉の量の分岐点はどこなのか。

そして、非言語コミュニケーションがどれだけ大きなものなのか。

まだまだ言語だけに頼り過ぎていることに気付きました。

no image

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

アバター

Kazuya

投稿者の記事一覧

こんにちは。ブログやプロフィールで自分なりの考えを綴っているので、そんな人間が書いてるのを踏まえて読んでやって下さい。
ちなみに、プロフィール写真の我が子は現在高校生になっています。

スポンサードリンク

関連記事

  1. no image 「信じられる」「信じられない」って何だろうか
  2. no image スタート・点・ゴールの間を繋ぐ
  3. no image 日々の気付きブログ『日々の気付きはJamJazzGroove』ス…
  4. no image 気付きがない事に気付いた日
  5. no image 『行動と集中』が結果を出すための初めの一歩
  6. no image 「媚びを売る」と「人脈を作る」はやっぱり全然違う
  7. no image 言葉とノリ、歌詞とリズム&メロディ
  8. no image マイナス思考とプラス思考との付き合い方【マインドの調整】

Mellow Breathの活用法

  1. no image

おすすめ記事

  1. cd analog 1
  2. no image
  3. jaco
  4. Repair LP scratches
  5. familia
  6. bill evans sunday
  7. joint-and-several-liability
  8. like image

スポンサードリンク・広告

PAGE TOP