Essay Note

楽しく温かく♫ちゃんと聞こえるように、ゆっくり話す

no image

どんなに良い事を言ったとしても、怒り気味だったり、文句調な話し方をしてしまうと、聞いている人は、良い事を言っているという認識が弱くなってしまう。

そう気付きました。

という事であれば、おかしな事を言っていても、ニコニコした顔で温かく楽しい雰囲気で大きな声で話しをされると、すごく良い話しに感じてしまったり、楽しい気持ちになってしまうって事・・・?

うん、確かにそういう事多いかも。

その時の雰囲気で良く見えていたけど、後で落ち着いて思い返して考えると、「あれ?やっぱりなんかおかしい!明らかにおかしな事言っていたのに同調してしまっていた」そんな事って結構ある。

特に、飲食店内でお酒が入っていてワイワイやっている時はそうかも。

話しの内容より、雰囲気が優先してしまうのか…、確かに人はイメージで先入観をもってしまうとフラットには物事を見れなくなることばっかり。

これは、アウトプットにもインプットにも大切な事だな〜。

まずは、楽しく温かい感じでゆっくり、ちゃんと相手に聞こえるように話すようにしよう!

今日の気付きでした。


こちらも合わせてお読みください→Mellow Breathの使い方編集部NOTE : メローブレス 3つの裏テーマ

no image

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

アバター

Kazuya

投稿者の記事一覧

こんにちは。メニュー「MellowBretheのはじめに」のプロフィールに自分なりの考えを綴ってあるので、そんな人間が書いてるのを踏まえて読んでやって下さい。

スポンサードリンク

関連記事

  1. no image 日々の気付きはJamJazzGroove 16~18
  2. no image 目的と目標とを分けて行動する
  3. no image 『行動と集中』が結果を出すための初めの一歩
  4. no image 日々の気付きはJamJazzGroove 10~12
  5. no image 言葉の量の損益分岐点と非言語コミュニケーション
  6. no image 楽しもう!というパワー・モチベーション・動機(フィリピンにて)
  7. no image 雨とコーヒーが教えてくれた事
  8. no imge やっぱり、現状認識とブラッシュアップを繰り返すのが近道かなあ

Mellow Breathの活用法

  1. no image

おすすめ記事

  1. jazz
  2. no image
  3. no image
  4. no image
  5. no image
  6. no image
  7. no image
  8. no image

スポンサードリンク・広告

PAGE TOP