飲み物 -Drink-

スムージーを作るためのミキサー選び、5つのポイント!

no image

スムージーを作るときに、味を大きく左右するのは、もちろん、野菜や果物そのものの味であるのは当然ですが、ある意味それ以上に味を決定付けるものがあります。

それは、ミキサーです。またの名を、ブレンダーとも呼びますが、この、素材を細かく砕いて、素材をスムージーへと変えてくれる機械です。
ジューサーと呼ばれるものは、コールドプレスジュースを作るためなどに使います。
→■スムージーとコールドプレスジュースとの違いは何?

このミキサー(この記事内では、ミキサーで統一します)の違いで、味が、飲み心地が全く違います。味だけでなく、とても大切な栄養素も大きく変わってくるのです!

より美味しく、より効果的なスムージを作るためのミキサーのポイントを確認していきましょう。

1、ミキサーの熱で酵素が壊されてしまう?

no image

食物に含まれる酵素は熱に弱いので、激しいミキサーの影響でほとんどが壊されてしまうといわれています。そのため、低速ジューサーが良いのでは?と、迷うこともあります。

結論は、どっちにしても「食物に含まれる酵素は、胃酸でほとんどは失活してしまう」ので、あえて低速ジューサーにする必要はありません。

低速ジューサーは、先ほども出てきましたが、コールドプレスジュースなど、果物の果汁などを絞り出したいときに使う時の選択肢なので、スムージーなら迷わず、「果物や野菜を飲みやすく砕いてくれるミキサー」を選ぶことになります。

ちなみに、酵素は体内でつくられる酵素や腸内細菌が作る酵素が重要です。これらの酵素は、食べた物からのビタミンやミネラルによって、腸などで作られますから、「何を食べるか」と「腸などの内臓の働きを良くする」ことが大切です。

2、消化の良し悪しを決めるミキサー

no image

ミキサーで野菜や果物を砕くと、食物繊維が残ります。砕ききれないカスのようなものも残ったりします。これは、残れば残るほど消化には悪いので、できるだけ細かく砕けるミキサーを使うことで胃腸の負担を軽くすることができます。

あまり細かくできないミキサーを使うと、ザラザラ感やカスのようなものがあるので、飲み物よりは食べ物のような感じで、よく噛まないと飲み込みにくかったりもします。噛むことは良いことなのですが、喉越しは良くありません。

こんなに違うのか!と感じるほど違います。「できるだけサラッサラにできるミキサー」が良いでしょう。

3、ミキサーの熱でビタミンやミネラルは壊れる?

no image

ミキサーの回転の熱で、酵素が壊れてしまうと言いますが、ビタミンやミネラルはどうなのでしょうか。長時間ミキサーを動かさなければ、ビタミンやミネラルが壊れてしまうほどの熱は発生しないと言われています。

言い方を変えると、長時間動かさないと果物や野菜などが上手く砕けないミキサーを使うと、その熱でビタミンやミネラルは壊れやすく、目減りしやすくなってしまいます。

性能の良いミキサーを使うと、20秒程でサラサラになるところを、性能が劣るミキサーを使うと倍以上の40秒動かしてもサラサラになりません。

「できるだけ、速く、サラサラにしてくれるミキサー」を使うことで、ビタミンやミネラルを熱から守り、さらにサラサラのスムージーを作ることができます。

4、スムージーは丸ごとだから良い!丸ごと砕けるミキサーで!

no image

サプリメントは、ある一定の栄養素だけを摂ることになります。

効果的に使えばとても良いのですが、今の自分に必要な栄養素がどれなのかを判断するのは難しい事が多いです。ところが、例えば、ニンジンやリンゴなどを丸ごと砕いて作るスムージーは、いろいろな栄養素が摂れます。

ピンポイントで栄養を摂るというより、そこにある果物や野菜から丸ごと栄養を貰うんです。丸ごと食べるその皮には、栄養素が多く含まれています。約100倍〜10,000倍⁉︎もの、栄養素があるとも言われています。

スムージーにするなら、出来るだけ本物の食材を使いたいので、「パワーがあって、丸ごとの食材でも消化と飲み心地が良くなるように、サラサラにしてくれるミキサー」が良いです。

約100倍〜10,000倍の栄養素とは?

その約100倍〜10,000倍の栄養素と言われているものは、何なのでしょうか?

それは、野菜や果物が持つ「ファイトケミカルの抗酸化力」が、その野菜や果物のビタミン等の約100倍〜10,000倍ある、という研究結果がある!ということです。

例えば、トマトで有名なリコピンの抗酸化力は、ビタミンEの約100倍と言われています。

ファイトケミカルとは?

ファイトケミカルの「ファイト」は、「phyto」⇒ギリシャ語で植物という意味、「ケミカル」は、「chemical」⇒化学成分という意味です。

よく耳にする、ポリフェノールもファイトケミカルと呼ばれるようになっています。ファイトケミカルの働きで最も重要とされているのが、酸素中で生きる生物を酸化から守る為の抗酸化力です。

他にも、大根などの辛味成分のイソチオシアネートというファイトケミカルは、消化管での解毒酵素を活性化させる特徴を持っています。このファイトケミカルは、皮や種に多く含まれす。そして、食物繊維などの固い細胞壁に守られた細胞の内部に存在しています。

だから、「皮や種、そして細胞壁まで丸ごと砕いて、サラッサラッにしてくれるミキサー」が、力を発揮します!

5、素材は凍らせておくと一石二鳥!

no image

ファイトケミカルは、細胞とそれを包む細胞膜の中に存在しますが、植物の細胞膜は凍らせることで壊れるので、成分が出て来やすくなります。

スムージーに使う分の素材を選り分けて、ジップロックなどに入れて凍らせておけば、保存もし易く、作る時も作る分をそのままミキサーに入れてミキサーを回せば作れるので、一石二鳥です。

凍らせた素材をそのまま突っ込むのですから、「凍った果物や野菜をサラッサラッに砕けるパワーのあるミキサー」を選びましょう。

スムージーのためのミキサーまとめ

no image

いかがでしたでしょうか。

パワーのあるミキサーで、細かくサラッサラッにスムージーを作ることで、ビタミン・ミネラル・消化に負担のかかり過ぎない食物繊維・ファイトケミカル、そしてそれ以外のいろいろな栄養素を、丸ごと体に摂り入れることができます。

パワーのあるミキサーは音が大きいです。そういう事もふまえて、防音性・掃除のし易さなどの操作性・大きさを確認しながらミキサーを選びましょう。

これで、簡単手軽に、美味しく体に嬉しいスムージーが作れることでしょう。

関連記事

「簡単!美味しいグリーンスムージーから始める健康スムージーの基本!!」
「スムージーの美味しい作り方と美味しい飲み方まとめ!」
「スムージーとコールドプレスジュースとの違いは何?」


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

アバター

Kazuya

投稿者の記事一覧

こんにちは。ブログやプロフィールで自分なりの考えを綴っているので、そんな人間が書いてるのを踏まえて読んでやって下さい。
ちなみに、プロフィール写真の我が子は現在高校生になっています。

スポンサードリンク

関連記事

  1. no image 簡単!美味しいグリーンスムージーから始める健康スムージーの基本知…
  2. no image 酵素ドリンクとダイエットの関係3つ、そして酵素ドリンクを選ぶ注意…
  3. no image 酵素ドリンクを選ぶなら、こういう酵素ドリンクでしょう
  4. no image 白湯の効果と作り方、そして白湯+αのレシピ4選!
  5. no image はちみつとウイスキー、美味しい飲み方4選
  6. no image 二日酔い緩和・二日酔い予防対策 11選
  7. no image 不死の飲み物!?蜂蜜のお酒「Mead:ミード」とは?美容と健康の…
  8. no image 酸っぱーい!!サジージュースに期待の効能6選

Mellow Breathの活用法

  1. no image

おすすめ記事

  1. no image
  2. jaco
  3. Repair LP scratches
  4. familia
  5. bill evans sunday
  6. joint-and-several-liability
  7. like image
  8. eden bareket trio hight

スポンサードリンク・広告

PAGE TOP