Essay Note

言葉の量の損益分岐点と非言語コミュニケーション

no image

今日は、ちょっと喋り過ぎたな・・・。

そう感じて嫌な気分になりました。

そこで気が付いたことです。

何かを伝えたい時、喋りすぎるとどんどん伝わらなくなる。でも、何も伝えないと(解説しないと)それはそれで伝わらない。

いったい、どこが丁度良いところなんだろ。

音楽や絵などは、言葉での解説は少なければ少ないほど良いと思う。でも、仕事の依頼は適切な言葉の量が必要。笑い話をする時も、解説しすぎると面白く無くなる。

喋れば喋るほど遠くなる時は、言葉が多すぎて何がポイントか分からなくなる。飽きてきて聴いていない。でも、少なすぎると重要さが伝わらない。

言葉は大切。言葉の選択言葉感情

今まで苦手だからと考えないようにしていたこと。でもこれによって、「上手く伝わるか伝わらないか」「共感してもらえるか」で、物事の結果はとても大きく変わることが身に染みている。

言葉は氷山の一角。その下(奥)にある見えないところをどう言葉に乗せるのか、言葉の量の分岐点はどこなのか。

そして、非言語コミュニケーションがどれだけ大きなものなのか。

まだまだ言語だけに頼り過ぎていることに気付きました。

no image

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

アバター

Kazuya

投稿者の記事一覧

こんにちは。メニュー「MellowBretheのはじめに」のプロフィールに自分なりの考えを綴ってあるので、そんな人間が書いてるのを踏まえて読んでやって下さい。

スポンサードリンク

関連記事

  1. no image 「信じられる」「信じられない」って何?
  2. no image 『断捨離』が苦手な人は『シャッフル』してみる
  3. プロフィール
  4. no image 「好き嫌い」と「正しい悪い」、それと「清濁併せ呑む」
  5. no image 自動化した方が良いものと良くないもの。自動と裁量。
  6. no image え、まぢで!?新幹線乗り間違えたw そしてベースの弦を変えてみた…
  7. no image 音楽との関係
  8. no image 編集部NOTE : フィリピン・ タクシー・フィリピンの夜明け。…

Mellow Breathの活用法

  1. no image

おすすめ記事

  1. jazz
  2. no image
  3. no image
  4. no image
  5. no image
  6. no image
  7. no image
  8. no image

スポンサードリンク・広告

PAGE TOP