Essay Note

king gmuのファンになりました

no image

KingGnuという日本のバンドを少し前になんとなくYouTubeで聴いてから急激に好きになり、もうすっかりファンになってしまいました。嬉しくてブログまで書いちゃいます。

20代後半までは起きている殆どの時間を音楽に使っていて、国内外問わずジャンル広めに色んな音楽を貪欲に漁っていたのですが、その後はトーンダウンしながらそれなりに音楽に触れてきました。そんな感じだったので好きなバンドやミュージシャンは沢山いますが、日本のバンドで特に深くはまり込んだのは中学生の時に衝撃を受けてファンになったBlankey Jet City

30歳を過ぎた頃、それまで好きになったりコレクション的に集めた色々な音楽達に囲まれつつも、それ以来そんなに強くハマるバンドとかミュージシャンは出てこないだろうと思っていたし、探すつもりもなかったんだだけど、出会っちゃいました。もちろん好きなバンドやミュージシャンはポツンポツンと出てきてはいたんだけど、ここまでお気に入りになれるというのは素直に嬉しいしワクワクする。

このKing Gneというバンド、自分にとっては自分が好きだったバンドやミュージシャンやJAZZスタイルや楽曲や音響の要素が詰まってます。インタビューなどや、動画などでの発言などからも私の好きな感じが滲み出ているように勝手に感じてしまっています。

多分ですけど、私達の世代の人でこういうバンドスタイルや音楽をやりたかったりやろうとした人は結構いると思う。でも、時代的な背景とか価値観や質感による影響もあってここまでメンバーが揃うとか、機材のシステム的にとか色々と難しかったんだよな、と勝手に思っている。

しかしながら、凄く世代の差を感じてしまう

自分の子供が10代という事もあり、最近の若い世代を出来るだけ幅広く見たり聞いたり出会ったりしているんだけど、クオリティが高くて自分のビジョンも持っていて、しかも1つの事だけではなく複合的なスキルを高い水準で持っている人が多いな〜と驚く事が多いです。

今の自分達世代の40代もクオリティ高い人多かったけど、そういった部分では抜かれちゃっている。時代が飛び越えて行っちゃった感を感じてしまう。でも、今の40代は明治大正昭和世代の人達にも揉まれているし、今の最先端のモノもハシリはこの世代からとも言えると思う。それはそれで意味の在るポジションなんではないかと思うしそう在る様にしなければいけないなと思ったりもしたKing Gnuとの出会いでありました。

話がだいぶそれましたね。

単純にカッコイイし、唄が心に沁みます。芸術生も高くて、色んな部分で楽しませてくれます。(自分にとっては。)

ちなみに自分はこれ観て心打ち抜かれました。動画載せておきますが、少し刺激強いかもしれませんので閲覧は自己判断でお願いしますね。この曲King Gnuというバンド名になる前のSrv.Vinciというバンド名の時の音源だと歌詞も著と違うし、歌詞のメロディーへの乗せ方も違います。



『ロウラブ』と言う曲も、以前の方が自分は好みです。その好みの方の動画も載せておきますので、良かったら観てみて下さい。



で、これが鉄板です。



関連記事
アナログレコード盤の取扱い方3点と、音質まで変わるお手入れ方法3選!
音楽とココロとカラダの関係、自律神経に良い音楽の特徴3選!
本当は楽器やりたい人いっぱい!始めやすい、楽しくてカッコいい楽器15選♫
良い睡眠のための音楽と使い方、3つのポイント!


こちらも合わせてお読みください
Mellow Breath(メローブレス)の使い方
編集部NOTE : メローブレス 3つの裏テーマ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

アバター

Kazuya

投稿者の記事一覧

こんにちは。メニュー「MellowBretheのはじめに」のプロフィールに自分なりの考えを綴ってあるので、そんな人間が書いてるのを踏まえて読んでやって下さい。

スポンサードリンク

関連記事

  1. no image やっぱりマインドは大事だな・・・
  2. no image 現状認識はとても大切
  3. no image 編集部NOTE : フィリピン・ タクシー・フィリピンの夜明け。…
  4. no image 日々の気付きはJamJazzGroove 13~15
  5. no image 『失敗を学びと捉える』ための一歩目の感覚見つけた
  6. no image アナログレコード盤の取扱い方3点と、音質まで変わるお手入れ方法3…
  7. no image 自分のパーソナリティのバランスを高める
  8. no image 楽器を弾きたいけど・・・なら、まずはこっそり家でやってみよう♫

Mellow Breathの活用法

  1. no image

おすすめ記事

  1. jazz
  2. no image
  3. no image
  4. no image
  5. no image
  6. no image
  7. no image
  8. no image

スポンサードリンク・広告

PAGE TOP