ROOM

ハウスメーカー・ビルダー・工務店・設計事務所の違い

no image

住宅を建てようとした時に何処(誰)に依頼したら良いのか。会社にもいろいろありますし、建築士にもいろいろあります。

先ずはそれらの大まかな違いと、そこからの裏事情的な違いを、私の実体験を元にお伝えします。時代や地域によっての違いは有ると思いますが、本質的には捉えれると思いますので、ぜひ参考にして下さい。

ハウスメーカー

no image

「ハウスメーカー」は、一般的には全国展開をしている大企業が直接的に経営している会社を指しています。「〇〇ハウス」と名前が付いているからハウスメーカーではありません。

でも実際には「〇〇ハウス」という名前は有名会社が使っていますので、それをハウスメーカーではない小さな会社も使っているといったところです。

ハウスメーカーでよく知られているところでは、「〇〇ハウス」「〇〇ホーム」「〇〇工務店」「〇〇林業」という名前でブランドを作っているので、名前だけからではハウスメーカーも中小企業や工務店なのかは判断できません。

ハウスメーカーのメリット

「ハウスメーカー」は、大企業ならではの資金力開発能力、更には国策に対応したものを用意してきます。広告にも大きな費用を使いますし、クレーム対応予算なども中小企業に比べれば当然大きく確保できています。

資金力・社員育成や職人の水準を保つ為のシステム・それに伴い企業戦略や広告戦略や品質管理などあらゆる面でレベルを高く保ちやすい要素を持っています。

アフターメンテナンスもしっかりフォローをしてくれます。もちろんそれはちゃんとした企業戦略でもあり、ちゃんとストック型としての企業収益源でもあります。

ハウスメーカーのデメリット

資金力はあるのですが、資金力が資材の質や職人さん・作業員への手間賃には反映されていない事が多く、地元の中小建築会社や工務店などが支払う職人さん達への賃金よりかなり安いと言えます(「職人さん」というより「作業員」といった扱いにも思えます)。その代わりに、仕事が切れにくいのが職人さん達へのメリットというとになります。

ブランド構築や品質保持と効率化の観点からも、標準仕様がはっきりしていて、自由設計とはいきません。特に、純和風建築などは苦手分野と言って良いでしょう。逆に言えば、他の会社との差別化がはっきりしているので比べやすいです。

そして何より、価格設定は高いです。建築部分だけのコストよりそれ以外のコストが大きいので、住宅そのものの内容に対しては割高な価格設定になります(建築物としては高級住宅では無いけれど高級住宅価格、といった具合)。もちろん、それ以外の部分が品質の高さや施主に安心を提供する質の高い運営に繋がっているわけですから、妥当とも言えます。

ハウスメーカーとFC(フランチャイズ)

全国展開しているFCと上記で言うハウスメーカーとは規模的にも知名度的にも混乱しやすいですが、別モノと思って良いです。

FCは運営している企業は大きな企業である事が多いので、情報やツールなどはしっかりしていますが、実際にそのFCの名前を使って家を建てたりフォローするのは地元の工務店や小さな会社である事が多いです。その運営の構造上、FCのフォロー体質とFCに加盟している会社の力量にかかってきます。

もちろん素晴らしい運営をされている会社や工務店もありますが、そうでない場合もあってピンからキリまで幅ができます。FC自体の良し悪しでは無いのですが、ハウスメーカーとはまた別の特徴がある事を認識しておくと良いでしょう。

ハウスメーカーまとめ

まとめると、資金力・合理的・戦略的、などが強いといった所です。商品としては、品質管理されていてある一定の安心感とブランドがあり価格は高目、といったところです。(最後に・・・、地元の施工会社に丸投げ的で品質管理が全然できていないハウスメーカーもないとは言いませんw)

ビルダー

no image

ハウスメーカーに似たイメージで、よくハウスメーカーと一緒に思われてもいる「ビルダー」と呼ばれる会社が多くあります。

「ビルダー」のだいたいは、地元での中小企業が経営していて、年間50〜150棟程の新築建築受注をしています。ですので、「地方ビルダー」とも呼びます。地元1都道府県だけではなく2〜3都道府県にまたがる会社もあり、上記の「ハウスメーカー」に近い存在に育っていく会社もあります。

現在ハウスメーカーと位置付けされている会社でも、元は地元にある1ビルダーだった会社がFC展開するなどしながら大きく成長した会社もあります。

アフターメンテナンスもフォロー体制にはバラツキがあります。基本的には、アフターメンテナンスに対しては前向きです。

ビルダーのメリット

「ビルダー」は、地方に根ざしている要素が強いので地元ならではの建築やネットワークを持っている会社が多いです。

基本的には、ハウスメーカーのやり方を模倣しています。そこに地元ならではの要素や、創業者の得意な分野を特色にしています。元々、材木業であったり不動産業であったり大工や設備業であったりといろいろです。もちろん、特に特色が無い中間代理店のような会社もあります

その特色の一つとして、伝統的な地元大工の能力や知識を上手に活かすことによる純和風建築などを取り入れやすいのはメリットだと思います。ただ、純和風建築は技術的に職人が減ってきていますし、コストが高く需要も減っているので見せかけだけになりやすいという側面もあります。

価格帯はビルダーごとにバラバラですが、中でも大きなトップビルダーは、低価格帯〜高価格帯をカバーしている事が多いです。

ビルダーのデメリット

ビルダーそれぞれが、いろいろな特色を持っているので、違いを見分けるのが難しいです。その会社のセールスマンでさえ、それぞれの会社の違いを上手に説明できる人は少ないかもしれません。

例えば、不動産業が母体だと土地探しと一緒にできるのはメリットですが、建築に対するウェイトが意識面でも技術面談でも弱い場合が多いです。もちろんそうでは無い会社もありますが、どちらかといえば住宅建築については建売やFC住宅をメインにしている事が多い。といった具合です。

情報格差が最も出やすく、経営者や会社の体質によってピンからキリまであるので更に見極めが難しいです。逆に言えば、良いところどりできるとも言えるので、自分の求めるものがそこには在る可能性もあります。

ビルダーまとめ

自由度が高いのでハウスメーカーよりは専門的な分野や、価格の幅、地元情報などに強く柔軟です。その反面、レベルにバラツキが大きく当たりハズレが出る要素でもあります。

工務店

no image

「工務店」とまとめてしまうのは違うかもしれませんが、地元の小さな建築を請け負う会社や個人事業主の事を指して特徴をまとめてみますね。

多くは、年間10棟前後の新築着工棟数です。大工や設備などの仕事を職人として行いながら直接新築などを請け負うような昔からあった形の会社や、1〜3人程度のスタッフで得意分野に特化した住宅を建てる会社などが多いです。

工務店のメリット

現在でも残っているこの様な会社は、専門分野に特化していたり、技術力を持っていたりする場合が多いので、求めるものがそこに在るのであればそれは大きなメリットと言えるでしょう。

ハウスメーカーやビルダーのように大所帯では無いので、利益追求型では無い場合が多く、あらゆる意味で小回りが利きます。そして、会社側と施主側が近い関係が築きやすいでしょう。

この形で良いのは、建築士や設計士が工務店を立ち上げて、自分で集客接客して設計も施工監理もするパターンです。このやり方は、施工自体は職人さん達にやってもらいますが、それ以外は一貫して1人の想いの元で行われるので、ズレや伝達ミスが少なくなります。最初の聴き取りからなので、施主の想いを形にしやすいのが良いですね。

アフターメンテナンスは、非常に良いところと、スタッフの人数による影響で結果的に後手後手に回り易いところに別れます。修繕工事がメインになっている会社は必然的にアフターメンテナンスに対応が速いですが、その分新築の着工棟数は少ないので経験が少ない(実績が少なく、トライ&エラーによる経験値が得にくい)とも言えます。

工務店のデメリット

会社の規模は小さいので、資金力の問題や会社がなくなってしまう可能性が高い(倒産という意味だけではなく、経営の引継ぎ問題など)といった不安があります。資金力については、資金量が潤沢では無いという事で、人件費や会社の維持費が小さいので、以外と経営状態は良い会社が多いと思われます。

経営者やスタッフの考え方や能力によって、情報格差の煽りを受けていたり、情報に興味がなかったりと、信頼性が損なわれやすい会社も存在します。

価格はバラバラですが、ローコスト住宅を請け負う会社は少ないでしょう。住宅の個性もバラバラなので、ビルダー以上に比較がしにくいです。

工務店のまとめ

特化した住宅が得意だったり、一棟一棟を丁寧につくる会社が多いなどは大きなメリットですが、会社が小さいという事での不安も同時に付いてきます。

設計事務所

no image

「設計事務所」に依頼するといってもそれなりの人数でやっている設計事務所に依頼するのか、個人で設計事務所をやっている人に依頼するのかが別れます。建築会社の中に設計事務所を置いている場合も多々ありますが、ここでは、建築会社の中の設計事務所の事では無い方として書いています。

まず、「設計事務所」の多くはビル建設などや商業建設物の設計を請け負う会社が多く、あまり住宅の設計は得意としていない事が多いです。能力としては充分ですが、住宅設計とは業務が全然違います。

ですのでここでは更に、住宅建築の設計や施工もメインで請け負う設計事務所の事を前提にします。

設計事務所のメリット

デザインに特化していると言えます。特に外観が美しくなります。

難しい注文にも対応してくれる可能性が高いです。でも1番は、お気に入りの設計士がいるのであれば、その個性がメリットです。

施工管理もすることがほとんどなので、施工の管理をちゃんとしてくれる可能性が高いです。建築事務所以外の上記の建築会社はほぼ全てが設計施工なので、設計も施工管理も自社でやる事になります。ちなみに、ハウスメーカーによっては、施工を地場の工務店に任せておいて自社が施工管理をするシステムの会社もあります。どのやり方にもメリットデメリットはありますが、最後の方で書く事にします。

設計事務所のデメリット

設計士は、「自分の設計士としての個性を売る」という感覚があるので、その設計士の個性を気に入っていないのならば、デメリットになります。

設計料と施工管理費用、そこに工事業者の施工費がかかります。それぞれ分離しているので、割高になりやすいです。

デザインが優先されやすく、住宅の使い易さやアフターメンテナンスなどの維持計画が疎かになりがちです。

設計事務所まとめ

お目当ての設計士がいるのであれば、多少予算がかかっても良い選択になるでしょう。生活の場としての住宅の使い易さより、デザイン性が優先されやすいのでそこは注意が必要です。最近では、機能性とデザインを上手く融合できる設計士も増えてきています。

ちなみに、間取りからではなく外観デザインから始めてから間取りを決めていく(合わせていく)という手順で設計を進めていく人が多いように感じます。(設計士それぞれの考え方や方法の違いなので、良し悪しを言っているのではありません。)ビルダーや工務店などは、間取りから始めて外観を整えていく人が多いです。

余談ですが、建築士の実技試験で図面を書く時は、配置と間取りから書く事がほとんどです。

設計と施工管理と工事の3要素

no image

住宅を建築するには実務としてまず設計が必要です。間取りなどを考えたりデザインする設計と、施工する為の設計と、役所に建築の許可をもらう為の書類作成があります。

次に、工事のスケジュールや施工をする為の職人さん達の段取りや材料の段取りなどの前準備が必要です。そして続いて、施工中に設計による通りにできているのかや、図面に書かれている事を現実に形にする為の職人さんとの調整や現場の監理などです。これを施工監理と言います。

工事自体は、架設・大工・電気・設備・塗装・建具・内装などの職人さん達や鋼製建具(玄関戸や窓)・建材などの資材などが揃って進んでいきます。

ここで1つ抜けているのがプランナーです。ハウスメーカーやビルダーでは、営業マンがこの役割をする事がほとんどです。もちろん会社によってはそのそれぞれの棲み分けやウェイトのバランスは違います。

最初の要望の聴き取りや予算などの聴き取り。借り入れ・建前や引渡しや登記のフォローなどを取りまとめて進めていきます。設計・施工監理・工事の全体を通して舵取りをしていきます。

そのように、立場の違う人達の間を調整しながらまとめていくようなポジションになります。意外とこの役割は完成までや完成後にまで大きな影響を与える事です。

ですから、この役割をする人の役割は大きいと言えます。このポジションという役回りの人が、会社のシステムによって違いが出るところでもある事を知っておくと良いでしょう。

まとめ

no image

いかがでしたか?

結構細かく内部事情も交えてまとめてみました。ぜひ、住宅を建てる計画が立ち上がった時は参考にして家造りを成功に導いて下さい。

いろんな職種や立場の人達の共同作業になりますから、スムーズにいかない事も多々ありますので、前もってある程度はそれを念頭に置いて、会社のスタッフや工事している職人さん達と共に協力しながら進めて行くことをお勧めします。


《関連記事》
■編集部NOTE : 最近のリフォームとリノベーションとD.I.Yから〜
■ハウスメーカー・ビルダー・工務店・設計事務所の違い
■そのイライラや不調は、浅い呼吸のせいかも⁉︎呼吸こそ日々の積み重ね、簡単な2つのポイント
■コーヒー豆の出がらしを使いきる!コーヒー豆の再利用法8選
■楽器を弾きたいけど・・・なら、まずはこっそり家でやってみよう♫
■睡眠の質を上げるための7つのポイント



《こちらも合わせてお読みください》
Mellow Breath(メローブレス)の使い方
編集部NOTE : メローブレス 3つの裏テーマ




この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

アバター

Kazuya

投稿者の記事一覧

こんにちは。メニュー「MellowBretheのはじめに」のプロフィールに自分なりの考えを綴ってあるので、そんな人間が書いてるのを踏まえて読んでやって下さい。

スポンサードリンク

関連記事

  1. no image 1/f ゆらぎの音・声・光とその効果はとても自然なものだった!?…
  2. no image 良い睡眠のための音楽とその使い方、3つのポイント。
  3. no image コーヒー豆の出がらしを使いきる!コーヒー豆の再利用法8選
  4. no image 雨とコーヒーが教えてくれた事
  5. no image 同じ大きさの住宅でも予算が違う理由

Mellow Breathの活用法

  1. no image

おすすめ記事

  1. jazz
  2. no image
  3. no image
  4. no image
  5. no image
  6. no image
  7. no image
  8. no image

スポンサードリンク・広告

PAGE TOP