コーヒー - Coffee-

カフェモカとコーヒーモカの違いともう一つのモカ。モカは3つ!

no image

コーヒーのメニューなどやコーヒー豆を選ぶときの「モカ」というコーヒー。かわいい響きの言葉ですが、モカと聞いてイメージするコーヒーは人によって結構違っているかもしれません。

あなたは、どんなモカを思い浮かべますか?スターバックスコーヒーなどで出てくるカフェモカの甘いイメージ?それとも酸味の強いコーヒー?それとも優しい甘みのあるコーヒー?

カフェモカ・コーヒーモカ・もう一つのモカ。「モカ」には3つある


このそれぞれバラバラのイメージのコーヒー「モカ」を、整理してみましょう。コーヒーのそれぞれの「モカ」の違いが分って、自分求める「モカ」はどれなのかが分るし、誰かがしゃべっている時に出てくる「モカ」がどれの事かがわかるようになるはずです。

カフェモカ(Caffe mocha)

no image

女性に大人気のカフェモカ。そのカフェモカはアレンジコーヒーで、レシピがあります。
エスプレッソコーヒー+チョコレート+スキムミルク(チョコとミルコの代わりにココアの場合も)。そこに、ホイップクリームをトッピングするなどします。

カフェラテにチョコレートがくっつくとカフェモカというと分かりやすいでしょうか。

コーヒー豆としてのモカは、チョコレート(カカオ)に似た風味があります。その風味を真似てチョコレートなどを入れたことから、その元ネタであるモカという名前が付いた、といわれています。

カフェモカは、チョコレートの種類でも味の違いを楽しめます。

モカ(Mocha)

 no-image

コーヒー豆のモカは、グアテマラやブラジルなどのコーヒー豆とは少し意味合いが違うところがあります。グアテマラやブラジルなどは国や産地の違いでの名前が付いています(そこに農園の名前が付随したりします)。そして、エチオピアの国にはモカは関係ないのですが、エチオピア産の豆も「モカ」と呼ばれます。

モカは、港町の名前です。イエメンにある港町で、イエメンは世界に先駆けて高級品のコーヒー豆を輸出していました。世界にコーヒーを広げた原点のような港ということになります。

エチオピアはコーヒーノキの原産地です。エチオピアはイエメンとは海を挟んで対岸の国ですが、イエメンの商人達によって、エチオピアのコーヒー豆もモカ港から輸出されていました。

そのイエメンの「モカ港」から出荷・輸出されるコーヒー豆を「モカ」と呼びました。豆の産地というよりは、その港から輸出されたことに対するブランドを表現している名前になります。

イエメン産エチオピア産モカですが、
イエメン産→モカ・マタリ
エチオピア産→モカ・ハラー 又は モカ・シダモ
という様に、名前に付加して分けてある事もあります。日本で流通しているモカといえばだいたいはエチオピア産のようです。

モカの味

no image
このモカ港から輸出されていたコーヒー豆は、どれも似た特徴を持っていて、カカオの風味やフルーティーな香りと強い酸味を持っています。

以前だと、酸っぱいだけのコーヒーと認識されている事も多かったのですが、最近ではちゃんと焙煎をしているお店やコーヒー豆が多くなってきた事もあって、モカの持つ風味が味わえるようになっています。

焙煎技術のしっかりしているお店やしっかりした技術で焙煎されたコーヒー豆を使っているお店では、ちゃんとカカオの風味や甘味と酸味があって、爽やかで甘みのあるコーヒーとして楽しめます。

イタリアのモカ(Moca)

no image

イタリアでは、コーヒー豆の種類に関わらず、自宅でマキネッタという直火式エスプレッソメーカーの器具を使って淹れたコーヒー(エスプレッソ)のことをモカ・コーヒー(Moca)と呼びます。

イタリアの人達は、自宅でこのマキネッタを使ってコーヒー(エスプレッソ)を淹れて飲むのが習慣化しているようで、それがモカコーヒーです。
マキネッタは、イタリアの家庭に1つはあるであろう物で、日本の「きゅうす」のようなもののようです。

マキネッタが訛ってモカになった…わけではなくて、イタリアでもメジャーで良く知られているマキネッタの代名詞的存在のマキネッタの商品名が、「モカ・エキスプレス(Moca Express)」
イタリアでは、このモカ・エキスプレスは、「モカ」という愛称で親しまれています。
no image
そのモカ・エキスプレスで淹れるコーヒー(エスプレッソ)というところから、モカコーヒーと呼ばれているようです。

イタリアでは、コーヒーはエスプレッソの事を意味しています。

モカコーヒーのまとめ

no image

イタリアの家庭で親しまれている「モカ」。コーヒー豆のブランドとしての「モカ」。チョコレートとカフェラテの「モカ」。この3つの全く意味の異なる「モカ」があることが分ったと思います。

どれも、味は違うしほぼ別物ですが、コーヒーを楽しむ人達に愛されている事は同じのようです。

「モカ」という言葉の響きもいい感じだし、どの「モカ」も美味しそうですね。

関連記事
焙煎士こだわりのスペシャリティコーヒー
そのカフェインレスコーヒーは安全ではないかもしれない!?カフェインレスコーヒーの選び方のポイント2つ!!
カフェ・ラテとカフェ・オレの違いから始める!ややこしい!コーヒーのメニュー17種類
コーヒー豆の出がらしを使い切る!コーヒー豆の再利用法8選
マヌカハニーの効果・効能を10個、そして効果的な食べ方解説!
酸化した油はなぜ体に悪いの?酸化を見分ける5つの方法と対策

こちらも合わせてお読みください→Mellow Breathの使い方

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

アバター

Kazuya

投稿者の記事一覧

こんにちは。ブログやプロフィールで自分なりの考えを綴っているので、そんな人間が書いてるのを踏まえて読んでやって下さい。
ちなみに、プロフィール写真の我が子は現在高校生になっています。

スポンサードリンク

関連記事

  1. no image コーヒー豆焙煎とコーヒーの味との関係、焙煎8段階
  2. no image コーヒー豆の出がらしを使いきる!コーヒー豆の再利用法8選
  3. no image 日々の気付きはJam Jazz 7~9【マインド】
  4. no image 雨とコーヒーが教えてくれた事
  5. no image バターコーヒーがダイエットにも体にも良いと言われている3つの理由…
  6. no image コーヒーは体臭を抑えるのか増やすのかどっち?
  7. no image オーガニックコーヒーは危険⁈スペシャルティコーヒーとサステナビリ…
  8. no image ファーストからセカンド、そしてサードウェーブコーヒーとは

Mellow Breathの活用法

  1. no image

おすすめ記事

  1. joint-and-several-liability
  2. like image
  3. eden bareket trio hight
  4. no image
  5. no type
  6. no image
  7. JAZZ Vol,3
  8. jazz

スポンサードリンク・広告

アーカイブ

PAGE TOP